無宗教
The Offical web site of the Midhnott Sol Regintroth.還暦祝いや喜寿祝い等の長寿祝いを応援中。退職祝いに贈るおすすめ地酒も。
  • HOME
  • 無宗教

無宗教

概して特定の宗教を信仰しない、または信仰そのものを持たないという思想・立場。

無宗教の考えを持つ者は、主として先進諸国の都市部に暮らす国民の一部に限定されるとする意見があります。

無宗教が成立するには、以下の二つの条件が要求される為です。

まず一つ目は、信仰を持たない自由を含めた信教の自由が保証されている国家で、居住環境周辺の共同体によって特定の信仰を強制されることが無い、あるいは回避しても社会的な制裁を科されることのない生活が保証され、なお且つ周知されていなければならず、これらの条件を満たす生活環境は先進諸国の都市部にのみ限られるという条件、もう一つは特定の宗教や信仰に傾倒ないし取り込まれることを能動的に避けるためには広範な知識や教養を得られる環境を必要とする条件です。

したがって、これらの条件を満たすことのない途上国などでは、自らがそれを望むと望まざるとを問わず、またそれを自覚し得るか否かをも問わず、自動的に何らかの文化的な因習・慣習を含む信仰・宗教に組み込まれ、離脱を許されずにいるとする見解もあります。無論これに対する反論もあるため実際は不明瞭です。

日本には自らを無宗教だと主張する者が多いといわれています。

しかし、日本人には食事を取る前に「いただきます」と手を合わせたり、折に触れて神社や寺に足を運ぶ者が多く、神道ないし仏教の信者であるという見方も出来ます。

また家がある寺の檀家であるため、本人の意識に関わらず統計上仏教徒として扱われている場合もあります。

関連記事 -Related article-

Copyright (C) 2014 The Midhnott Sol Regintroth All Rights Reserved.

Page Top