喜寿お祝い
The Offical web site of the Midhnott Sol Regintroth.還暦祝いや喜寿祝い等の長寿祝いを応援中。退職祝いに贈るおすすめ地酒も。
  • HOME
  • 喜寿お祝い

-喜寿の由来-

なぜ、77歳の祝いを「喜寿」と呼ぶようになったのでしょうか。75歳のほうがキリがよさそうなものなのに…そう思ったことがある方もいるのでは?実はこれは考え方の順序が逆なのです。というのも、「喜」の字を草書体や略字にすると、漢数字の「七」を3つ合わせた(上に1つ、下に2つ)形になります。しかし、いくらなんでも777歳という年齢はありえません。そこで、「七」が2つの77歳を古希の次の長寿祝いの歳にしようということになったのです。つまり、喜寿祝いとは、「77歳だから喜寿」ではなく「喜寿とは77歳」。昔の人の縁起かつぎと、文字に対する洒落っ気が生み出した長寿祝いが喜寿というわけです。

-喜寿のお祝いは-

喜寿のお祝いのキーワードは古希と同じく「紫色」です。紫色は、古くから高い位を表す色とした扱われてきました。たとえば、貴族の冠位は紫色が最上位、僧侶でも紫の衣を身につけることができるのは最高位の僧侶に限られていました。

また紫色は、心と体のいやし効果がある色。先人達はそれを経験から知っていて、不調の時には紫色のものを身近に置いていたといいます。そういえば、時代劇などで病気の殿様が額に紫の布を巻いているシーンを見かけます。あれは、充分に意味のあることだったのですね。

だから、喜寿のお祝いには、古希と同じく、長寿への敬意といたわりの心が込められた紫色をキーワードに。もちろん、必ずしも紫色にこだわらなければならないわけではありません。肝心なのは、その心を大切にしてお祝いをして差し上げることです。

なお、男性の方の場合は平均寿命近くになることもあり、男女ともに体力面や健康面への配慮が重要になってくるのも喜寿あたりから。お祝いの席を儲ける場合には、そのことも忘れないしようにしましょう。

-喜寿祝い用のお店は探しやすい?-

ご長寿祝いに、家族揃って食事会。そのお祝いにちなんだ店を探そうとネットで検索してみると…。こんな時、探しやすいのが喜寿祝いのお店かもしれません。というのも、還暦という店名は有りそうで有りません。また、古稀の場合は、その特殊ないわれ(古稀の由来参照)のため、店名にするのは難しく、米寿以上になるとあまりに長寿祝いに直結してしまうため、店名としては使いにくいようです。それもそうですね。長寿祝い専門店と思われてしまえば、お客様の層を狭めてしまうことにもなりかねません。

しかし「喜寿」となると、けっこうお店の名前にヒットします。なぜでしょう。実はこれは文字にあります。種を明かせば、「喜寿」の言葉が組み込まれている店名が多いのですね。とりわけヒットするのが寿司屋。確かに、「○喜寿司」などという店名は決して個性的な名前ではないかもしれません。たとえば○の部分に「安」とか「大」とか「皆」とか入れてみてください。むしろ、いかにもお寿司屋さんっぽい名前になります。というわけで、喜寿祝いにふさわしい店を選ぶのは、他の長寿祝いに比べて簡単かもと…ちょっとダジャレ感覚な話のネタです。

Copyright (C) 2014 The Midhnott Sol Regintroth All Rights Reserved.

Page Top