定年退職 -緑寿お祝い-
The Offical web site of the Midhnott Sol Regintroth.還暦祝いや喜寿祝い等の長寿祝いを応援中。退職祝いに贈るおすすめ地酒も。
  • HOME
  • 定年退職 -緑寿お祝い-

-定年退職と同じ年、65歳のお祝いです-

数え年66歳、すなわち満65歳を祝う「緑寿(りょくじゅ)」ですが、あまり知られていないのが現実です。 それも当然。実は「緑寿」祝いの習慣が生まれたのは2002年。全国百貨店協会が提唱したことが始まりなのです。長寿祝いの習慣はもともと古代中国から伝わったものですが、 その後日本で生まれた長寿祝いも多くあります。その中でも最も新顔が「緑寿」。しかも、行政の視点からも65歳以上が「高齢者」というくくりになっていることなどもあり、 「緑寿」は長寿祝いの一覧の中に名を連ねることとなりました。経緯を知れば、商魂たくましい日本の市場が生み出したと、皮肉な目で見てしまう方もいるのではないでしょうか。

しかし、ご本人にとってはお祝いされることは何回あってもうれしいものです。また、身近な方や親しい方にとっても、改めて笑顔の交流ができるきっかけともなるでしょう。 とにもかくにも、大切なのはお祝いをされる心。そのふさわしいかたちをいろいろ考えてみるのも良いものです。

-緑寿祝いの由来-

数えの66歳が「緑寿」となったのは「緑」を「六」とも読めるから、というのも理由の一つです。しかし「緑寿」という命名にはもう一つの大きな理由があるのです。 「緑寿」が誕生した2002年は新しい世紀となってまだ間もない時期。この頃から世界的に自然環境への関心が高まり、リサイクルや環境保護を考えたエコライフがすすめられるようになってきました。 そんな時代背景の中で注目されたのが、地球の自然環境をイメージする「緑(みどり・りょく・ろく)」と響きを同じくする「六」。そこで66歳を「ロクロク」と読み、さらにそれを簡潔にして「緑寿」とし、 新しい賀寿祝として提唱しようということになったようです。なんだか、ダジャレのようにも思えますが、これには、仕事を引退する人も多い65歳からは、 「明るく元気に積極的に社会生活に参加して欲しい」という願いも込められているそうです。

-緑寿祝いに贈るプレゼントは-

緑寿のお祝いのキーワードは、その名称が表す通り緑色です。緑色は精神の安定を表す色。 また、調和やいやしなどを表す色です。心身に疲れがあるときなどは無意識に緑色に目が行くと言われています。 ですから、色をキーワードに選ぶならグリーン系のものがおすすめです。また、「緑寿の由来」でもご紹介していますが、「緑寿」の緑は地球の自然環境をイメージする「緑」でもありますから、 エコ思想に基づいたプレゼント選びというのも一案です。さらに、観葉植物のプレゼントや記念植樹なども、「緑寿」ならではのお祝いとして意義深いものがあるでしょう。

Copyright (C) 2014 The Midhnott Sol Regintroth All Rights Reserved.

Page Top