信教の自由をめぐる裁判
The Offical web site of the Midhnott Sol Regintroth.還暦祝いや喜寿祝い等の長寿祝いを応援中。退職祝いに贈るおすすめ地酒も。
  • HOME
  • 信教の自由をめぐる裁判

信教の自由をめぐる裁判

◆護国神社自衛官合祀拒否訴訟

1979年、公務執行中に死亡した夫の自衛官を護国神社に合祀された妻が宗教的静謐の利益を害されたとして損害賠償請求を起こした訴訟。

当該行為に自衛隊の関与があったかどうかで政教分離原則に反するかどうかも合わせて争われました。

一審、二審は宗教上の人格権の侵害を主張する原告の訴えを認めましたが、最高裁は合祀行為は自衛隊退職者の団体の単独行為であると認定し、国の関与を否定。

自衛隊の協力行為は目的効果基準に照らして政教分離には反しない。宗教的静謐の利益は法的保護を受ける法的利益とはいえない、として訴えを退けました。

事実認定や目的効果基準への当てはめにも批判があるとともに、国側ではなく個人側に宗教的な寛容性を要求したことには強い批判があります。

◆違法伝道訴訟(青春を返せ裁判)

「青春を返せ裁判」とは、世界基督教統一神霊協会の元信者が、教団の正体を隠し不安を煽り、教義からの離脱を困難にするようなマインドコントロールなどの手段による勧誘・強化の違法性を問う訴訟。

◆改宗問題

宗教団体に入信した信者をその親族が脱退させようという試みに対し、教団側が当人の信教の自由を侵害した強制改宗、拉致監禁などと批判して対立する問題。

教団は人身保護請求や訴訟を起こしたが、請求が認められるかどうかそれぞれのケースにより異なっています。

◆個人の信仰と医療行為・学校教育

エホバの証人の信者による輸血拒否を無視して輸血した医師の行為 (エホバの証人では輸血を拒否するという信仰がある)

エホバの証人の信者による武道の授業拒否

◆靖国神社参拝問題

首相個人の信仰や信念も尊重されるべきであり、参拝は私人として行われているものであり問題がないという意見がある一方、私人として行うことを公約にするのは矛盾である」との指摘もあります。

特定の宗教施設において、すべての戦没者を慰霊する事自体が、信教の自由に対する侵害であるとする意見もあります。

◆神社の市有地無償借用問題

北海道砂川市の市有地にある「空知太神社」が、置かれている土地を無償で使用出来ているのは政教分離違反であるとの判断が最高裁判所で示されたが、違憲状態の解消には、氏子たちの信教の自由を侵害せずに、行うようにとした。

Copyright (C) 2014 The Midhnott Sol Regintroth All Rights Reserved.

Page Top