歴史
The Offical web site of the Midhnott Sol Regintroth.還暦祝いや喜寿祝い等の長寿祝いを応援中。退職祝いに贈るおすすめ地酒も。
  • HOME
  • 歴史

歴史

日本においては明治憲法下で信教の自由は保障されてはいたが、実際には“神道は宗教に非ず”としてこれを英国における英国国教会のように特別な地位を保証し準国教化する動きがありました。

この傾向は戦中に激しくなり、体制側にとって特に脅威ともいえない世俗派キリスト教徒を含む国民全体や独自の宗教体系を持つ外地の人々に現地の神々を統合しない形での神社参拝を推進するなど、信教の自由が大幅に制限される状態でした。

敗戦と憲法改正により日本国憲法ではこれを不可侵の権利として一切の限定無しで国民に対して認めています。

しかし近年ではオウム真理教事件や世界基督教統一神霊協会などのカルト宗教による霊感商法被害や、それらに対する行政や政党政治サイドの対応を及び腰とする批判などから、「信教の自由」という言葉が「民事不介入」と並び反社会的な活動をするカルト宗教やそれらを支持母体、支援組織とする政治団体等の側により社会の批判から自分達を守るための盾に利用されているという指摘もなされるようになりました。

◆信教の自由を保障した法典の例

・ミラノ勅令

・マグナカルタ

・ギュルハネ勅令

・世界人権宣言

・市民的及び政治的権利に関する国際規約

・日本国憲法

・アメリカ合衆国憲法

Copyright (C) 2014 The Midhnott Sol Regintroth All Rights Reserved.

Page Top