宗教の自由
The Offical web site of the Midhnott Sol Regintroth.還暦祝いや喜寿祝い等の長寿祝いを応援中。退職祝いに贈るおすすめ地酒も。
  • HOME
  • 宗教の自由

宗教の自由

宗教に関する人権の一つ。

三十年戦争に端を発した17世紀以降のヨーロッパにおける国際紛争、市民革命の多くが宗教的自由の獲得・擁護を背景とする性格をも持っていた為、人権の中でも最も重要かつ古典的なものの一つであると考えられることが多いです。

今日では世界各国の憲法や「世界人権宣言」や「国際人権規約」の中でも保障されている自由の一つです。

具体的には以下の内容で構成されています。

内心における信仰の自由

個人が自由に好むところの宗教を信仰する自由、また、特定の宗教の信仰を強制されない自由。思想・良心の自由の宗教面での保障として捉えられる。特定の宗教を信仰していたり、していなかったりすることによって、いわれのない差別を受けることのない権利をいう。

宗教的行為の自由

礼拝・布教・宗教活動に参加する自由、また、特定の宗教の礼拝・布教・宗教活動への参加を強制されない自由。

宗教上の結社の自由

宗教団体を結社する権利。結社の自由の宗教面での保障として捉えられる。

なお、上記の権利を確保するために、国家が特定の宗教を国教と定めての信仰の強制・過度の推奨、国教以外の宗教に対する弾圧などを行う事を禁ずる制度(いわゆる政教分離)については、宗教に対して「国家権力からの自由」を保障する制度的保障であり具体的権利ではないとされています。

政教分離についてはその程度および手法において各国ごとに千差万別ではありますが、現代社会においては信教の自由は基本的人権の一つとして広く認められ、尊重されている事が多いです。

ただしイスラム教国を中心として、憲法に国教を謳い、国民全体が一つの宗教を信仰する事を自明の前提としている国もあり、決して一様ではありません。

信仰の「選択の自由」はありますが、なんらかの信仰を行うこと自体は強制で、選択対象が限定されている国もあります。

Copyright (C) 2014 The Midhnott Sol Regintroth All Rights Reserved.

Page Top